きさらぎ句会抄
兼 題:新年一切

何やかや書き込み多し初暦 福地桂之助
賜りし齢重たし去年今年 中尾 麦青
いろは坂折れ目折れ目に初日さす 今西 邦斗
麗かに晴れたる富士に初日の出 根岸 比呂
餅いくつ声の飛び交ふ三が日 青木 百均
去年今年変わりばえせぬ我が身かな 坂本 紫水
古時計少し遅れて年迎ふ 寺主 青笙
兼 題:元会員 大門葵月氏弔句

新年の句会待たなく朋友逝きぬ 福地桂之助
伊勢よりの天賦墜ちたる師走かな 中尾 麦青
まだそこに亡友いる思ひ初句会 今西 邦斗
存りし日の君見る如き松飾る 根岸 比呂
大いなる門閉じるるや年始め 青木 百均
年越しを三日残して逝きぬ 坂本 紫水
何急ぐ黄泉路もさぞや冬ざるる 寺主 青笙