きさらぎ句会抄
兼 題:麦秋、ばら、新茶、その他

段丘(はけ)の水新樹まみれに生まれけり 福地 桂之助
亡き母の植えし白薔薇香りけり 中尾 麦青
ばら垣を風吹き抜けて香りけり 中尾 麦青
麦秋や千枚田にも金の波 大門 葵月
母の日や尽くせぬ想い花供う 今西 邦斗
気仙沼の大川端に桜咲く 根岸 比呂
ばらの庭嗅いで覗いて吠えられる 坂本 紫水
天竜の風が育てし新茶摘む 寺主 青笙