きさらぎ句会抄
兼 題:早春、下萌え、初音、その他

下総の釣人東風にうづくまり 福地 桂之助
生命待つ蕾の固さ春浅し 中尾 麦青
春浅き白雲透きて陽が膝に 米本 さちこ
紙漉きの人影淡し蕗のとう 大門 葵月
下萌や思ひ出きざむ里の道 今西 邦斗
幾たびか霜にうたれし草青む 根岸 比呂
海苔焙り程良き青の香りかな 青木 百均
蕗のとう一日待ちて摘みにけり 坂本 紫水
姿まだ見せぬ初音や谷戸の道 寺主 青笙