きさらぎ句会抄
兼 題:春寒、薄氷、立春他

子育ての忙中に閑梅だより 福地 桂之助
春寒し神渡り行く諏訪の湖 中尾 麦青
凶のくじ結ぶ神木春寒し 大門 葵月
羽ばたきて行き交ふ影や春障子 今西 邦斗
また一人友逝きし夜の冴え返る 根岸 比呂
東京の備えのなさや雪の道 坂本 紫水
もどらざる山河のひずみ春寒し 寺主 青笙