きさらぎ句会抄
兼 題:雲、秋扇、秋桜、他

なで牛の光る鼻先鰯雲 福地 桂之助
爪跡の深き津波や鰯雲 中尾 麦青
住みかはり小さき子の声鰯雲 米本 さちこ
ゆか床に重ね置かれし秋団扇 近藤 龍観
コスモスの揺れて教える風の道 大門 葵月
水打って狭庭に小さき風を待つ 今西 邦斗
草野球負けて口惜しや鰯雲 坂本 紫水
秋桜風ある如くなき如く 寺主 青笙