< 東京四谷ロータリークラブ


きさらぎ句会抄
兼 題:春一番、初音、残雪

彼の国の芥にまみれ雪残る 中尾 麦青
降り立てば人まばらにて名残雪 米本 さちこ
風鐸の踊り浮かれて春一番 近藤 龍観
春一番祈願の絵馬の鳴りやまず 大門 葵月
立春の庭に無言の豆の粒く 今西 邦斗
母忌日墓石に触るる拳冷え 根岸 比呂
山晴れて稜線綺羅と残り雪 青木 百均
道しるべ傾く古道初音きく 寺主 青笙