< 東京四谷ロータリークラブ


きさらぎ句会抄
兼 題:新年一切

雪国の寺やくぐもる鐘の声 福地 桂之助
去年今年またがる酒の旨さかな 中尾 麦青
初空へ一羽の海鵜首のばす 米本 さちこ
輪飾りをそっとはづして窯をたく 近藤 龍観
お疲れさん刈田ゆっくり日が舐める 今西 邦斗
床の間に陽の差す明り福寿草 大門 葵月
未知の日の白さ眩しき初日記 今西 邦斗
七十年前のあの日の朝冴えて 根岸 比呂
独り居に番ひで来たる初雀 青木 百均
古時計少し遅れて年迎う 寺主 青笙