< 東京四谷ロータリークラブ


きさらぎ句会抄
兼 題 :月一切、茸一切、その他

秋そばの信濃育ちや紅仄か 福地 桂之助
夫が押す手押車や秋桜 中尾 麦青
月光の小窓を明けて筆洗ふ 米本 さちこ
夕陽なほ残りて赤し実南天 大門 葵月
北の峰はや白きもの後の月 今西 邦斗
蔦紅葉まとふ館に入り陽さし 根岸 比呂
窓に見て外に出て見て今日の月 寺主 青笙