< 東京四谷ロータリークラブ


きさらぎ句会抄
兼 題 :新年、冬一切

冬薔薇甲斐の山脈(やまなみ)従えて 福地 桂之助
昨日とは変らぬ声で初鴉 中尾 麦青
七草粥ひとふり効かす海の塩 中西 なりこ
宅急便夜の冷たさまとひくる 米本 さちこ
金無垢の賜杯とり出し年酒酌む 近藤 龍観
老ひてなほ見果てぬ夢に着ぶくれて 大門 葵月
街路樹の梢を磨く寒の月 今西 邦斗
百歳の叔母矍鑠と初電話 根岸 比呂
書初の墨滲みゆく手漉和紙 寺主 青笙