< 東京四谷ロータリークラブ


きさらぎ句会抄
兼 題 :夕立、清水、夏の果物ほか

茄子紺を雫のままに収穫す 福地 桂之助
清水湧く筧の先に苫屋かな 中尾 麦青
動かずに鳴かずに梅雨の鴉かな 米本 さちこ
紫陽花の名にふさわしき万華鏡 濱中 淑子
山百合を残して暮るる陶の里 近藤 龍観
甜瓜メロンに化けて売られけり 大門 葵月
反骨のひと日を過ごし夕薄暑 今西 邦斗
古城址に子連れ羊の草を食む 根岸 比呂
掬ふ掌のかたちに溢れ岩清水 寺主 青笙