< 東京四谷ロータリークラブ


きさらぎ句会抄
              
兼 題 :蓑虫、秋扇、鬼灯、その他

備前より白桃の玉たをやかに 福地 桂之助
蓑虫や新生活の難かしき 中尾 麦青
飲み込みし言葉一つや秋扇く 中西 なりこ
蓑虫を吊って甲斐路は深き空く 米本 さちこ
水引の赤き走り穂月光る 近藤 龍観
鬼灯や日暮れて海女の噛み鳴らす 大門 葵月
モノクロの父母に供へる里の味 今西 邦斗
湧き立てる雲まだけわし残暑なほ 寺主 青笙