< 東京四谷ロータリークラブ


きさらぎ句会抄
兼 題 : 秋の花、秋の食べ物一切

方丈の二字の澄みけり石の庭 福地 桂之助
コスモスの迷路に迷う陽射しかな 中尾 麦青
一日(ひとひ)毎稲架(はざ)増えゆける千枚田 中西 なりこ
蝶くれば蝶にうなづき吾亦紅 米本 さちこ
秋蝶のもつれほぐれて風清し 近藤 龍観
秋暑し路面電車の軋む音 今西 邦斗
虫喰うてお面のごとし柿紅葉 押川 まさと
落蝉の足に命のかすかなる 野田 甫車
道に買う桃一籠の旅愁かな 寺主 青笙