きさらぎ句会抄
兼 題 : 七夕、鬼灯市、夏座敷ほか

眉引くは 鬼灯市の 姐御(あねご)らし 福地桂之助
不揃いの 熟しトマトや 道の駅 中尾 麦青
朝顔市 話上手に 売り上手 中西なりこ
七夕の 色紙にじみて 雨の軒 米本さちこ
鬼灯を 鳴らしてあやす 母若し 近藤 龍観
香煙の 描く曼陀羅 鬼灯市 大門 葵月
縁側の 湿り足裏に 梅雨最中 今西 邦斗
万緑の 中寝転びて 空碧し 根岸 比呂
鯉跳ねる 音もまぢかに 夏座敷 寺主 青笙