職業奉仕委員会


基本方針

ロータリアン各人の職業上の高潔性・倫理性を再確認して,社会に奉仕する機会としての各自の職業を通して,ロータリーの理念に従って自分自身を律し,事業を遂行する。心構えとして「四つのテスト」の意味合いを認識する。

  1. 真実か どうか
  2. みんなに公平か
  3. 好意と友情を深めるか
  4. みんなのためになるかどうか

活動計画

下記を念頭に各自の職業にあたり行動し,自分の仕事を一生懸命に行う。

  1. 個人として,また事業において,高潔さと高い倫理基準をもって行動する。
  2. 取引のすべてにおいて公正に努め,相手とその職業に対して尊重の念をもって接する。
  3. 自分の職業スキルを生かして,若い人々を導き,特別なニーズを抱える人びとを助け,地域社会や世界中の人びととの生活の質を高める。
  4. ロータリーやほかのロータリアン(すなわち自分)の評判をおとすような言動は避ける。
  5. 例会においてロータリーソングに「四つのテスト」を採用する。
メンバー

委員長 柴田 和正
副委員長 森 泰之
委員 大塚 久利
橋本 明子