プログラム委員会


ひとことで言うと「例会を大切にしたい」

基本方針

  1. 年々変化するロータリーを正しく理解して「ロータリーの未来」を考える。
    例:RI の特別月間に合わせたロータリー活動の理解促進。
    クラブ存続に関わるCLP(クラブリーダーシッププラン)の検討。
  2. クラブの奉仕活動展開のヒントになるようなプログラムでありたい。
    例:四谷地域への社会的・経済的な貢献。もっと広範囲でもロータリーの奉仕活動にふさわしいもの。
  3. ロータリークラブにふさわしい話題性をもった楽しく意義のある例会を演出する。見学者大歓迎、会員増強にも寄与したい。
    例:今、話題になっている出来事。先見的な情報。

活動計画

  1. クラブ研修リーダーによる「ロータリーの友」各月掲載記事の紹介と解説。
  2. ロータリー特別月間に合わせたクラブ内委員長推薦の地区関係者の卓話。
  3. 同様に特別月間に合わせた他団体の奉仕活動紹介。
  4. 話題性に溢れた卓話者の招待とオープン例会の開催。
  5. 例会前半の時間を有効利用して会員の職業等の相互理解促進。

活動展開案(カッコ内は月間例会担当委員長)

2018 年

  • 7 月  「ガバナー訪問」 (会長・幹事・クラブ奉仕委員長)
  • 8 月  「会員増強・新クラブ結成推進月間」 (会員増強委員長)
  • 9 月  「会員増強・新クラブ結成推進月間」 (会員増強委員長)(ロータリー情報委員長)
  • 10 月「基本的教育と識字率の向上月間」*ロータリーの友月間
  • 11 月「ロータリー財団月間」 (ロータリー財団委員長)
  • 12 月「疾病予防と治療月間」*忘年家族会 (親睦活動委員長)

2019 年

  • 1 月 「職業奉仕月間」 (職業奉仕委員長)
  • 2 月 「平和と紛争予防/紛争解決月間」 (プログラム委員長)
  • 3 月 「水と衛生月間」 (プログラム委員長)
  • 4 月 「母子の健康月間」 (プログラム委員長)
  • 5 月 「青少年奉仕月間」 (青少年奉仕委員長)
  • 6 月 「ロータリー親睦活動月間」 (会長・幹事・クラブ奉仕委員長)
メンバー

委員長 佐藤 文則
副委員長 廣本 慶一
委員 大森 徹哉
柴田 和正
奈良橋 美香
大野 雅樹